北海道家族のための情報&コミュニティー
GNN編集部が取材した児童デイサービス事業所

児童発達支援・放課後等デイサービスソレイユの森アクティブ

ソレイユの森アクティブ

ソレイユの森アクティブ

レイズ体操クラブのカリキュラムを取り入れ、鉄棒や跳び箱などの運動を通して身体機能の向上や感覚の発達を促します。(施設内には長い16メートルのトランポリンとボルダリングも設置)。

友だち同士の様々な関わりの中でルールを楽しく学びながら社会性・自主性を身につけるお手伝いをします。

体操の練習を通して小さなことも「共感・共有」することで、自信をつけ自己評価を高めていくことがねらいです。

名の由来…『ソレイユ』とはフランス語で「太陽」を意味します。太陽のように温かく明るい光が降り注ぐような居心地の良い場所になるようにとの願いが込められています。

全身運動は脳を育て心を育てる。
子どもたちは身体を使った”群れ遊び”をとおして友だちとのコミュニケーションを学び、運動する喜びを経験し、心まで育てていたことがわかってきました。

脳の前頭葉の中には運動をつかさどっている「運動野」という部分が、また、感情をコントロールする「前頭前野」という部分があります。運動野は身体を動 かすことによって活性化しますが、この時、前頭葉全体の血流量が増加することによって、前頭前野も同時に活性化します。

つまり「全身運動することによっ て、前頭前野が活性化し、感情をコントロールする力(=注意力や抑制力や判断力)が、よりうまく働くようになる」というわけです。

また、1日の活動量とコミュニケーション量(会話数)は、比例することも分かってきましたので、身体を動かす遊びや全身運動は、丈夫な身体を作るためだけでなく、「脳」や「こころ」の発達にも役立っていると言われています

事業所データを見る…
事業所名児童発達支援・放課後等デイサービスソレイユの森アクティブ
WEB

ソレイユの森アクティブ

住所〒 007-0837 札幌市東区北37条東16丁目2-5
TEL

011-229-4870

利用時間

月曜日〜土曜日・祝日  9:00~19:30
児童発達支援:3歳~未就学 放課後等デイ:小1・小2・小3

定休日日曜・お盆・年末年始 ※臨時休業する場合がございます。お電話にてお問合わせください。
関連情報

アクセス
地下鉄東豊線新道東1番出口より徒歩5分

その他支援
●子育てに関する情報の収集や情報提供
●保護者相談

関係機関
●レイズ体操クラブ(体操教室)
児童発達支援・放課後等デイサービスソレイユの森
児童発達支援・放課後等デイサービスソレイユの森 麻生

[所在地MAP]
ソレイユの森アクティブ
PAGETOP
Copyright © GNN-ぐりんくねっとニュース All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.