北海道家族のための情報&コミュニティー
GNN編集部が取材した児童デイサービス事業所

児童発達支援・放課後等デイサービスにこ

にこ

にこ


お子様が将来社会に出た時に困らないよう、特別な環境での療育ではなく、普段の生活環境と同じ環境での療育をご提供しています。

療育活動を通し、お子様の可能性の芽を見つけ、育み、就労の際に求められるスキルや、自立して生きていく力に繋いでいけるようサポートいたします。
また、人との関わり合いを通し、困った時に誰かに相談出来たり、自分の思いを伝えることができるよう、コミュニケーション能力も育めるよう支援いたします。

名前の由来…子ども達の笑顔あふれる場であるように、またここを巣立った後の人生も、「にこにこ」と笑顔で生きていけるように、という思いから名付けられました。

日常生活から得られる気づき
● 日常生活における小さなつまずきは、お子様の未来の力を養う大きなチャンスです。つまづきを乗り越え、将来本当の意味で生きやすく、自立した人生を歩んでいけるようサポートいたします。

事業所の皆で育てている野菜やメダカ

事業所の皆で育てている野菜やメダカ

● 植物や野菜の栽培、メダカの飼育では、コツコツお世話をする中で、どうしたら水槽の水を変えられるんだろう、など自分で考える力や、何かを継続する事の大切さ、また、時にはうまくいかないこともあるんだ、という失敗の経験を通し、お子様の命に対する意識はもちろん、つまずいた際に少しでもスムーズに乗り越えていけるよう、気づきのサポートをしていきます。

● 農園でも野菜を栽培。皆で育てた野菜を使ったおやつを食べるなどの食育活動を通し、お子様の食べる事に対するこだわり、偏食の改善を促します。

● 温かな雰囲気の事業所内には、絵本のほか、木の積み木など、ぬくもりや優しさを感じる遊具を完備。お子様に優しい環境づくりにも配慮しています。

● 野外活動では、動物と触れ合う機会も設けています。アレルギーの有無、その日のお子様の状態などを見て、可能であれば犬との遊びやお散歩にも出掛けます。動物と触れ合うことで、他者をいたわる気持ち、思いやりの心を育みます。

日当りも良く、優しい雰囲気の事業所内

日当りも良く、優しい雰囲気の事業所内

● 事業所では、どんなふうに過ごしてるのかな?」など、保護者の方の小さな不安にも対応できるよう、通所されているお子様の療育活動のご見学は、連絡無しで自由な時間に来所していただけます。保護者の方も安心して過ごしていただけるよう、柔軟な体制で支援させていただきます。

事業所データを見る…
事業所名児童発達支援・放課後等デイサービスにこ
事業所番号0150900553
開所期平成28年11月26日
WEB

児童発達支援・放課後等デイサービス にこ

住所〒  札幌市清田区北野4条3丁目1-1
TEL

011-375-9907

利用時間

【定員】1日計10名まで
●月曜~土曜日
サービス提供時間
9:00~17:00

定休日日・祝
関連情報

その他支援
●通所利用相談
●個別療育/集団療育
●送迎 清田区・白石区・厚別区・豊平区・南区 ・その他地区応相談

関係医療機関
医療法人社団 澪和会 ながの小児科

[所在地MAP]
にこ

PAGETOP
Copyright © GNN-ぐりんくねっとニュース All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.